環境大臣賞

筑西市、結城市、桜川市の3市で構成する筑西広域市町村圏事務組合ごみ処理施設から排出される溶融スラグは今まで最終処分されていましたが、その全量をアスファルト廃材と溶融スラグ配合の再生合材として、また、コンクリート廃材と溶融スラグ配合の再生路盤材・路床材として活用する“地域密着の完全循環型リサイクルシステム”を官民協力で構築し、世の中で一番多い廃棄物である一般家庭から出る可燃性のゴミの100%リサイクルの実現により最終処分0を達成し、年間1億円以上の税金削減を達成した。 

この実績を評価され、平成29年10月19日に「廃棄物・浄化槽研究開発功労者」として、環境大臣賞を受賞しました。

国土交通大臣賞

環境大臣賞受賞掲載記事

環境大臣賞受賞、リデュース・リユース・リサイクル事業掲載文及び記事
環境大臣賞受賞、リデュース・リユース・リサイクル事業掲載文及び記事
環境大臣賞受賞、リデュース・リユース・リサイクル事業掲載文及び記事
環境大臣賞受賞、リデュース・リユース・リサイクル事業掲載文及び記事