企業理念

企業理念

”全世界共通の課題である地球環境の保全と改善を通じて社会へ貢献する”

"Our company will contribute to society through the preserve

and improve the global environment is a common problem worldwide."

企業理念

1972年(昭和47年)6月6日に設立し、皆様のご支援・ご協力の中、2012年(平成24年)6月6日で創立40周年を迎えることできました。
その短い歴史の中で、地域の一舗装・土木会社から、現在ではリデュース・リユース・リサイクルのシステムを取り入れた様々な事業を展開し、そして未来の社会環境を捉えた地域の環境企業へと成長してまいりました。

弊社の事業は、その全てにおいて地球環境及び地域社会環境への影響を考え、当社の企業理念である “全世界共通の課題である地球環境の保全と改善を通じて社会へ貢献する”を常に念頭におき、道路・土木工事を中心とする工事部と建設廃材やがれき類を中心とする産業廃棄物処分業、そしてそれに伴う再生アスファルト合材や再生砕石等生産のリサイクル事業と、幅広く事業展開をしてまいりました。

現在、弊社の企業理念を大きく反映できる、一般家庭から排出される可燃性のごみを地域内で100%リサイクルできる地域循環型リサイクルシステムとその製品(エコファルト)を開発し、官民一体、さらには地域一体となって地域環境改善に取り組んでおります。
また、2010年にはこのエコファルトの事業が認められ3R(リデュース・リユース・リサイクル)推進功労者として国土交通大臣賞を受賞致しました。

これから、50年、60年、70年と歴史を積み重ね、私たちの子供達、さらにはその子孫の時代への環境をも考えられる環境企業への成長を目指して行きます。